【森岡毅】家族構成、プロフィール、キャリアまとめ(USJ、西武ゆうえんち)

その他

【USJ再建】森岡毅の家族構成、プロフ、経歴キャリア(学歴・経歴)

日本で有数のマーケター「森岡毅 (もりおか つよし) 」さん。

ユニバーサルスタジオジャパン (USJ) を立て直したことでとても有名です。

テレビ東京系『ガイアの夜明け』や『モーニングサテライト』などにもご出演されており、一挙手一投足が注目されています。

2023年10月5日、お台場に『イマーシブ・フォート東京 (IMMERSIVE RORT TOKYO)』を2024年春に開業することを発表しました。

森岡毅(もりおか つよし)さんは、” 日本を代表するマーケター ” とも称される、敏腕マーケターですが、

そんな森岡毅(もりおか つよし)さんがマーケティングで成功を収めた 『鍵 』、それは『 家族 』にあると言われています。

  • 森岡毅さんの家族構成は?
  • 森岡毅さんのプロフィールは?
  • 森岡毅さんの経歴キャリア(学歴・職歴)は?
  • 森岡毅さんがマーケターを志したきっかけは?
  • 森岡毅さんの手がけた巧みなCM

について、今回は深堀していきたいと思います。


森岡毅は再建のプロですごい!

現在は『株式会社刀』を設立し、代表取締役CEOされていらっしゃいますが、企業再建のプロとして、有名な方です。

森岡毅さんのすごさはどこにあるでしょうか?

お客の感情をピンポイントで突く直観力と、 数学を使って緻密に戦略を練る分析力・論理的思考力にあるようです。

その名をとどろかせたのは、大阪にあるユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)の再建でした。

USJは、2001年の開業当初は入場者数で1100万人を記録するも、2010年6月には破綻寸前の苦境を迎えました。

2010年、当時38歳だった森岡さんがヘッドハンティングによってマーケティング部の中枢(USJの司令塔)として入社します。

数々の施策によって、入社後すぐに入場者数は上向き、わずか4年で瞬く間に入場者数をV字回復させたのでした。



\USJ再建がわかる書籍/


森岡毅の家族構成は?

森岡家は、6人家族です。

家族構成は、妻(加代さん)と子供4人(長女、次女、長男、三女)です。

妻の加代さんとは、1996年12月に結婚されています。



森岡さんがマーケティングで成功を収めた 『鍵 』、それは、『 家族 』 にあると言われています。

市場調査の目的で、家族でUSJを訪れたときのこと。

当時、長女(12歳)、次女(10歳)、長男(6歳)、三女(1歳)とまだ幼い子を抱えての来園。

様々なアトラクションで身長制限があり、別行動した結果、家族全員で同じ空間を楽しめなかった…

アトラクションが怖くて下の子が泣いてしまった…など。

当時のUSJを、ファミリー層が楽しめる空間ではないと突き止めたのです。

こうして、USJの大改革ははじまったのです。


\森岡毅さんが娘のためにマーケティングを分かりやすく書いた書籍/


森岡毅のプロフィールは?

氏名:森岡 毅(もりおか つよし)

生年月日:1972年10月12日

年齢:50歳(2023年6月現在)

国籍:日本

出身地:兵庫県伊丹市

血液型:O型

趣味/特技:魚釣り、アウトドア、お菓子作り


森岡毅さんの経歴キャリア(学歴、職歴)は?

森岡毅さんの学歴

森岡毅さんの出身高校は?

森岡毅さんの出身高校は、兵庫県立伊丹高校です。

森岡毅さんの出身大学は?

森岡毅さんの出身大学は、国立神戸大学 経営学部です。

※ネット上には、灘中学校・高等学校卒業という噂もあるようなのですが、そちらの情報はデマのようです。

森岡毅の経歴キャリア(職歴)

96年P&Gに入社し、米国などで活躍後、2010年にUSJへ。入場者数を倍増させ、再建した。17年から現職

  • 1996年:P&Gジャパン・マーケティング本部入社(ヘアケアブランドのブランドマネージャーを歴任)
  • P&Gグローバル本社(米国シンシナシティ)へ転籍
  • P&G北米パンテーン(ブランドマネージャー)
  • P&G北東アジア(アソシエイトマーケティングディレクター)
  • WELLAジャパン(副代表を歴任)
  • 2010年6月:P&Gを退職し、USJに入社。
  • 2017年1月:USJを退職
  • 2017年10月:株式会社刀を設立(代表取締役CEOに就任)


森岡毅さんのユニバーサルスタジオジャパン再建

2010年、当時38歳だった森岡さんがヘッドハンティングによってマーケティング部の中枢(USJの司令塔)として入社します。

2011年夏:ワンピースを本格開催

2011年秋:ハロウィーン・ホラー・ナイト

2012年:ユニバーサル・ワンダーランドをオープン (人気キャラクターハローキティ、スヌーピー、エルモの登場)

2013年:人気アトラクション『ハリウッドドリームザライド』を後ろ向き走行させる

    (最大9時間40分の待ち時間が発生するほどの大盛況で、『東京ディズニーリゾート30周年』に迎え撃った!)

2014年:総工費450億円をかけ、ハリー・ポッターエリアをオープン

2015年10月:東京ディズニーリゾートの来場者数を抜き、ユニバーサルスタジオジャパンは日本一のテーマパーク

入社からわずか4年という短期間で、入場者500万人以上の集客アップに成功したのです。



『映画のテーマパーク』が『映画を捨てる』ということを徹底して行い、社員に対して『固定観念を捨てる』ということ実行したそうです。その結果、潜在的なニーズをみつける、可能性を引き出すことに繋がったようです。


\USJ再建について詳しく書かれた書籍/


森岡毅さんがマーケターを志したきっかけは?

1997年に起きた、阪神・淡路大震災。

当時、神戸大学の学生だった森岡さんですが、この震災で、多くの仲間や親友の命を失ってしまったのです。

死が常に頭にあります。

(中略)

人の命ははかなく、死に神のサイコロの前には善人も悪人もないと思いました。

きょう死ぬかもしれないと考えると、ギアが入りました。

引用元:
神戸新聞NEXT|総合|「神戸の未来はやばい」USJ再建のマーケター森岡毅さん (kobe-np.co.jp)


この辛い経験から、” 常に何を残すことができるのか? ” について考えるようになったと語られています。

森岡さんの考える ” 未来に残せるもの ” は、2つありました。

1.ノウハウを含めた思想

2.思想を体現する事業


⇒ 過去の辛い経験が転機となり、『人々に影響を与えるマーケター』の道を選んだということなのですね


森岡毅の巧みなCM術

ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)、2010年クリスマスシーズンのテレビCM。

森岡毅さんが、USJに入社して初めてのクリスマスです。

このCMは、父親の気持ちを鷲掴みしたCMとなっています。

※動画の 03:52~ から再生してご覧ください。

===============================

ユニバーサルスタジオジャパンで君といっしょのクリスマス

本物のサンタに大はしゃぎして

天使の奇跡に目を見張る

いつか君が大きくなって

クリスマスの魔法が溶けてしまうまでに

あと何回こんなクリスマスを過ごせるかな

==============================


あどけない笑顔の少女と父親の姿。

娘が大きくなったら自分の元から離れ、彼氏・旦那とクリスマスを過ごすことになると、父親の物寂しさを暗示していますよね。

寂しさを駆り立てながら、『今のうちに娘といっしょに楽しいひと時を過ごそう』という全国の父親に対するメッセージが込められています。

すっと心の隙に入るテクニックが、なんとも巧みですよね!!

さまざまな施策が当たった影響もあると思われますが、実際に、2010年は前年よりも入場者数が100万人アップしています。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

企業再建のプロ、森岡毅さんについてでした。

日本を元気にするために、今後の活躍を期待したいですね!

これからも目が離せません。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

-その他

error: Content is protected !!