新妻聖子は元宝塚?帰国子女?旦那、子供、プロフィールまとめ

芸能

新妻聖子は元宝塚?帰国子女?旦那 (夫)、子供、経歴まとめ

新妻聖子さんは、2023年4月23日(日)放送のテレビ朝日系『関ジャム完全燃SHOW』にご出演されました。

カラオケ番組にも多数ご出演され、カラオケ女王にもなられています。

歌唱力抜群ということはご存知の方も多いのではないでしょうか。

元宝塚?元劇団四季?と思われる方も多いのでしょう。

今回はその真相に迫ります!

また、実家、旦那(夫)、子供、経歴に加えて、歌唱動画をご紹介いたします。



新妻聖子さんのプロフィール

新妻聖子さんは、プロダクション尾木に所属のアーティストです。

生年月日:1980年10月8日生まれ

出身地:愛知県稲沢市祖父江町

血液型:AB型

職業:ミュージカル女優、歌手





新妻聖子さんは元宝塚?元劇団四季?

新妻聖子さんは「宝塚出身なのか?」、「元劇団四季なのか?」という疑問をお持ちの方が多いようです。

じつは、どちらにも所属されていませんでした。

声楽的な訓練を受けた経験も無い中で、オーディションで役を掴み取ったそうです。

美しい声、ビブラートのかけ方に加えて、音域がとても広く、なんと5オクターブも出るとのことで、歌唱力は抜群です。

どこかの劇団に所属していたのでは?と思われるのも、ごく当たり前かもしれませんね。




新妻聖子さんの実家の家族構成は?

父親、母親、姉(3歳年上)、新妻聖子さんの、4人家族です。

父親については、三菱電機勤務の会社員でエレベーターの設計に携わっているとの噂があります。(すでにご退職の可能性もありそうです。)

母親についての情報はありませんでした。

姉は『新妻由佳子さん』で、現在は『ハニーサックルミュージック株式会社』の代表をされていますが、シンガーソングライターとしても、ご活躍中です。

ご両親が音楽好きだったということで、姉妹は幼少期から様々なジャンルの音楽に触れていたようですが、お二人とも音楽の道へ進まれることになったということなんですね。



新妻聖子さんの旦那(夫)、子供は?

新妻聖子さんは、2017年6月15日にご結婚されています。

旦那(夫)は、外資系証券会社勤務の一般人の方のようです。

外資系証券会社社員ということは、年収5,000万はくだらないでしょう…ハイスペックな男性ですね。

結婚翌年に出産しており、子供はが一人いらっしゃいます。

2018年7月に男の子を出産が報告されています。

今年5歳になるようです。





新妻聖子さんは帰国子女?学歴は?

新妻聖子さんは帰国子女です。

父親の仕事の都合で、11歳の頃から、7年弱の間をタイ・バンコクで過ごしました。

現地のインターナショナルスクール『 Internationla School Bangkok 』を 1998年に卒業しています。

その後日本に帰国し、2013年に上智大学法学部国際関係法学科を卒業。

TOEICの得点は、なんと945点だそうです。

英語歌詞の歌でも、発音が素晴らしくきれいなのも納得できますね。

また、”将来の夢は歌手になること” だったようですが、意外にも大学は音楽系ではないのですね。






新妻聖子さんの経歴

■2002年 TBS「王様のブランチ」でデビュー(ブランチリポーターとして、1年半活躍した)

 ※出演中に、テレビ朝日のアナウンサー試験を受けており、最終選考まで残ったがその道は選ばなかったそう。

■2003年 ミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役

 ※5000倍のオーディションを突破!声楽的な訓練を受けた経験も無く、役者としての経験も無い新人としては異例の大抜擢だった。

■2004年 ミュージカル『ミス・サイゴン』キム役

■2005年『サド侯爵夫人』サド侯爵夫人役

 ※第31回菊田一夫演劇賞を受賞

■2006年 ミュージカル『マリー・アントワネット』マルグリット役

 ※第61回文化庁芸術祭演劇部門新人賞を受賞

 ※2010年、2011年と連続でミュージカル誌最優秀女優賞

■2017年 NHK朝の連続テレビ小説『純情きらり』挿入歌担当、CDデビュー




新妻聖子さんの歌唱動画

ミス・サイゴン『世界が終わる夜のように』


人気ミュージカル俳優の『山崎育三郎さん』とのデュエットを披露されています。



King Gnu 『白日』


まとめ

いかがでしたでしょうか。

高音もとっても美しく歌われ、聴く人を虜にしてしまうほどの魅力がありますね。

海外へも進学されているため、英語の発音もとても綺麗で、心地よいですよね。

歌唱力だけではなく、表現力もずば抜けて高いミュージカル女優さんであるということが、お分かりいただけたかと思います。

今後のご活躍も応援していきたいと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

-芸能

error: Content is protected !!